採用情報

以下の募集を行っています。(2022年8月現在)

  1. 令和4年度「世界青年の船」事業(ハイブリッド) 管理部員採用
  2. 2022年度職員採用
  3. 専門コーディネーター登録

1.令和4年度「世界青年の船」事業(ハイブリッド) 管理部員

(一財)青少年国際交流推進センターでは、令和4年度「世界青年の船」事業(ハイブリッド)の本体プログラムにおいて管理部業務を行う方を、以下のとおり募集いたします。

募集職種

「世界青年の船」事業(ハイブリッド) 管理部員 8名程度

契約期間

2023年2月6日(月)から2月21日(火)16日間

応募条件

  • 内閣府の主催する青年国際交流事業の既参加青年である、または青年国際交流の経験があることが望ましい
  • 管理部業務に適した英語能力があること(英語力目安:TOEIC800以上、英検準1級以上又は同等の能力を有する者)
  • 心身ともに健康であること
  • 2023年2月6日(月)の事前準備および7日(火)(日本参加青年の参加、外国参加青年等来日)から2月21日(火)(外国参加青年の離日)までの本体プログラム(地方プログラムを含む)の全日程に参加できること
  • 事業開始前に1回~2回程度のオンライン打ち合わせ(日程未定)に参加できること

  • 本体プログラムの期間中、所定の施設(東京都内又は近県の宿泊施設)への宿泊が可能であること(宿泊対応ができない方は別途ご相談ください)
  • 日本国内で音声通話可能な携帯電話及び電話番号を所有しているとともに、自らの負担でオンライン交流に必要な機材(パソコンのほかインターネットに接続できる環境等)を準備できること
  • 新型コロナワクチンを接種済であること(日本国内で承認されているワクチンを3回接種していること)

事業日程(参考)

  • 日本参加青年事前研修:2022年9月16日(金)~9月20日(火)
  • オンライン交流:2022年11月26日(土)、11月27日(日)、12月3日(土)、12月4日(日)、12月10日(土)、12月11日(日)
  • 本体プログラム:2023年2月7日(火)~2月21日(火)
    ※2月15日(水)~18日(土)は地方プログラム
  • 日本参加青年事後研修:2023年2月21日(火)~2月22日(水)

勤務内容

  • 本体プログラムにおけるコース・ディスカッションの運営補助(外国参加青年と日本参加青年とのコミュニケーションのサポート、ファシリテーターとの連絡調整等)
  • 地方プログラムへの同行(参加青年の誘導、施設訪問アテンド、経費精算、通訳業務等)

※コース・ディスカッション:8つのテーマに分かれ、ファシリテーターの指導の下ディスカッションを行います。

※地方プログラム:コース・ディスカッションのグループ毎に日本国内の8県市にそれぞれ訪問し、関連施設の視察や団体等への訪問、現地青少年等との交流を行います。

その他、詳細な業務内容につきましては、採用が決定した方へ別途お伝えします。

待遇

雇用形態:業務委託契約

契約期間:2月6日(月)~21日(火)15日間

謝金:395,000円(諸税込み)

内訳:宿泊を伴う業務:1日当たり25,000円(諸税込み)×15日
   日帰り業務:1日当たり20,000円(諸税込み)×1日
   ※謝金は業務完了後にお支払いいたします。

その他支給するもの:

  • 国内旅行保険
  • プログラム中のPCR検査費用
  • 自宅から集合場所まで及び解散場所から自宅までの交通費(出発・帰着点は日本国内とする)
  • 日本国内活動中の交通費
  • プログラム期間中の宿泊及び食事

※自由時間の食事及び業務に係る通信費は原則自己負担となります。

応募方法

<応募方法>

以下の2点をメールで送付してください。

1.応募用紙(写真添付、職務及び内閣府青年国際交流事業参加歴を含む社会活動歴)

※当センター指定の様式をこちらからダウンロードしてご記入ください。

2.ご自身の語学力を証明する資格の写し

<応募締め切り>

2022年8月22日(月)正午

 

※書類選考後、必要に応じて面接(オンライン又は電話)を実施し、最終決定は8月下旬を予定しています。

※諸事情により、該当する事業が実施されない場合には、採用計画に変更が生じることを予めご了承ください。

<その他>

当センターでは、本体プログラム以外の期間にも就業可能な方を併せて募集しています。就業を希望される方は応募用紙にて就業可能な期間や働き方についてお知らせください。

また、非常勤職員(能力・実績により、正職員登用の機会有り)の募集も別途行っておりますので、関心のある方は以下も併せてご覧ください。

送付先・問合せ先

一般財団法人 青少年国際交流推進センター
 〒103-0013
 東京都中央区日本橋人形町2-35-14 東京海苔会館6階
 Tel: 03-3249-0767 / Fax: 03-3639-2436

「世界青年の船」事業 担当:白鳥、所司、本田牧
 Email: swy@centerye.org

 

2.2022年度 職員採用

一般財団法人青少年国際交流推進センターは、チームの一員として協働していく仲間を募集します。

1994年より、国際交流事業を切り口とした青年育成を通じ、グローバル社会におけるこれからのリーダー育成と、育成された青年による課題解決や、地域の活性化に取り組んできました。しかし2020年、新型コロナウィルス感染症拡大の影響で、国境を自由に行き来できない状況となり、主な事業はオンライン事業が中心となり、大きな社会的変化の中での順応を図ってきました。

しかし、どの時代においても青年育成が大切であることは、変わることではありません。今後国境を超えた自由な移動が再開していくことを見据えて、オンライン・ハイブリッド・オンサイトなやり方での事業実施により、国際交流を切り口とした青年育成や社会貢献の効果的な推進をねらい、組織のあり方の見直しもしてきています。
こうした場を一緒に作り上げる仲間に加わりませんか? みなさまの積極的なご応募をお待ちしています。

募集職種

職種1:プログラムコーディネーター 若干名(青年国際交流事業実施運営 韓国語/英語 いずれかでの業務が可能)
職種2:組織マネージャー 1名(組織運営、働き方改革担当)

応募条件

①青年国際交流事業の経験があれば望ましい
②心身ともに健康であること
③青年育成、社会貢献活動への意欲があること
④ビジネスレベルの日本語及び英語・韓国語のいずれかの語学力があれば望ましい(英語の目安はTOEIC860点以上、韓国語能力試験5級程度、日本語の目安は日本語能力試験JLPT N1以上)
※担当事業のほか、当センター全ての業務に横断的に携わります
※外国籍の場合は日本での就労が可能であり、日本語能力試験JLPT N1を有することが必要です
※面接時に、業務内容の基本的説明を行います

基本勤務日・時間

週5日勤務者を優先(週5日未満勤務を希望する場合は応相談)
午前9時半~午後5時半(7時間勤務、休憩1時間)
※週休二日、年末年始、慶弔休暇等 
※週末にイベント実施の際は、土日祝日勤務となる場合があります

勤務内容

① 本年オンラインによる国際青年交流事業実施にかかる一連の業務(事前準備、事前・事後研修実施、交流・報告会実施、報告書その他資料作成等)
② 次年度以降は対面交流を想定し、出発前・帰国後研修や、日本青年派遣、外国青年招へい事業にかかるプログラム作成(訪問先アレンジ、実行委員とりまとめ、会場などのロジスティック手配等)を含む一連の業務
③ ②に伴う国内外出張(事前準備、研修中、招へい期間中)
④ その他、事業の実施に関わる業務のサポート

待遇

 非常勤職員(能力・実績により、正職員登用の機会があります)
※職種1:月収20万円程度(これまでの業務経験により変動します)職種2は応相談
※令和5年3月末日までの契約となりますが、次年度以降の契約もしくは正職員への切替についてご相談します。
※交通費支給、時間外手当支給
※健康保険・厚生年金・雇用保険、有給休暇有

応募について

① 募集期間:7~9月入職想定
※適任者の応募があり次第、募集終了となる可能性があります。
※応募受付後、順次書類審査・面接選考を実施いたします。
※書類審査を通過した場合は、応募後1週間以内に面接選考のご連絡をいたします。(書類審査を通過しなかった場合は、ご連絡致しませんのでご了承ください)。

② 面接日程:応募後2週間内を想定
③ 採用通知:面接日より1週間程度
④ 勤務開始日:応相談

<応募方法> 
指定フォーマットによる履歴/経歴の提出(写真添付、職務及び内閣府青年国際交流事業参加歴を含む社会活動歴)、あれば語学力を証明する資格の写し
※上記書類を以下送付先Emailアドレスへ、メール添付でご提出ください。
※提出いただいた書類は審査後、当方にて破棄いたします

送付先・問合せ先

一般財団法人 青少年国際交流推進センター
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-35-14 東京海苔会館6階
採用担当
Tel: 03-3249-0767 / Fax: 03-3639-2436
Email: recruit@centerye.org

3.専門コーディネーター登録

一般財団法人青少年国際交流推進センターでは、多様なライフスタイルに合わせた働き方をしやすい「専門コーディネーター登録」を開始しています。専門とする業務に対し予め期間を定めて業務を担う業務委託契約としてのコーディネーター登録です。兼業やパラレルキャリアを考えている方にとっては関わりやすい業務形態であるとともに、当センターも多様な方との協働により、組織及び事業活動の発展的拡充を目指したいと考えています。

いつか国際交流を仕事にしてみたいと思っていた方、オンラインであれば業務委託で関われるという方、青年育成に関わりたいという方など、みなさまの積極的なご登録をお待ちしています。

募集職種

専門コーディネーター(青年国際交流事業の実施にあたり、定められた役割と期間内で業務委託として事業運営に携わるため、年間を通じて業務が発生します)

歓迎する経験/スキル

① 青年国際交流事業の経験があること
② 心身ともに健康であること
③ 青年育成、社会貢献活動への意欲があること
④ ビジネスレベルの日本語及び英語・中国語/韓国語のいずれかの語学力を有すること(英語の目安はTOEIC860点以上、中国語検定2級またはHSK6級程度、韓国語能力試験5級程度、日本語の目安は日本語能力試験JLPT N1以上)
⑤ 民間企業での実務経験(プロジェクトマネジメントの経験があるとなお可)
⑥ 人材育成分野での実務経験
※面接時に、業務内容の基本的説明を行います

想定する業務内容

①  オンライン交流(国際青年交流事業)の事前、事後研修におけるコーディネート
②  通訳、翻訳等の業務(英語、中国語、韓国語)
③  議事録、議事要旨、報告書の作成
④  その他、事業の実施に関わる業務のサポート

契約期間・時間

① 希望期間を確認し、業務発生ベースで相談
② 業務報告書の提出が必須

待遇

業務委託(業務報告に基づく日給・半日給換算)
当センター規定により日給を算出、交通費実費支給
健康保険・厚生年金・雇用保険はセンター負担対象外

休日

週休二日を基本とし、年末年始定休日があります。
イベント実施日が土日祝日にかかる場合もあります。

募集期間並びに登録通知

募集期間:随時
※応募後にオンラインで面接を実施します。
※業務委託内容については随時ご相談となります。
※面接時に、希望期間や希望職種などお知らせください。

応募方法

こちらの フォームにて登録ください。

経歴書には、業務委託として提供いただける技術、キャリア、これまでの実績などを記載してください(日給算出根拠とするため、提出が必須となります)

送付先・問合せ先

一般財団法人 青少年国際交流推進センター
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-35-14 東京海苔会館6階
採用担当
Tel: 03-3249-0767 / Fax: 03-3639-2436
Email: recruit@centerye.org