採用情報

(一財)青少年国際交流推進センターでは、次年度の事業実施に一緒に取り組む職員を募集します。
当センターは、青年による課題解決を実現する社会作りをめざし、国際交流を通じた体験学習の場を提供することを通して、青年のリーダーシップかん養に資する事業や研修を実施しています。

いつの時代、どの国や地域においても、次代を担う「青年」の存在とその「育成」は重視されています。特に、「体験」を通じた学びは効果的であり、グローバル化、オンライン化が進んだ現代においても国際交流事業のインパクトは非常に大きなものです。
当センターが携わる事業には、全国、世界から多様な人々が参加します。多くの人、多くの機関が関わる事業のコーディネートは困難を伴うこともありますが、その先に、「青年が成長」する場面に立ち会えることは、この仕事における最大の醍醐味です。

こういった場を共に作り上げる仲間に入りませんか?
個人のライフスタイルに合わせた働き方に関しても相談に応じます。積極的な応募をお待ちしています。

(一財)青少年国際交流推進センター 事務局長 本田温子

現在(2020年5月時点)、以下の募集を行っています。

  • 「東南アジア青年の船」事業乗船管理部員 若干名
  • 「東南アジア青年の船」事業乗船管理部員兼プログラム・コーディネーター 1名

 

2020年度 職員採用

募集職種

(1)「東南アジア青年の船」事業乗船管理部員 若干名
(2)「東南アジア青年の船」事業乗船管理部員兼プログラム・コーディネーター 1名

応募条件

(1)(2)共通:
・ 内閣府(総務庁・総理府)の主催する青年国際交流事業の既参加青年であることが望ましい
・ 管理部業務(通訳業務を含む)に適した英語能力があること(英語力目安:TOEIC800以上、英検準1級以上又は同等の能力を有する者)
・ 心身ともに健康であること
・ 2020年10月25日(日)(出航前研修)から12月18日(金)(外国参加青年の解散)まで、全日程に参加できること
・ 2020年8月11日(火)~8月14日(金)に行われる日本参加青年事前研修に、出席できることが望ましい(部分参加可)
・ 日本国内で音声通話可能な携帯電話及び電話番号を所有していること(管理部業務で発生した通信費は給与の中に含まれます。)

(2)のみ:
2020年9月1日(火)から2021年2月28日(日)までの間、(一財)青少年国際交流推進センターにて原則週5日間勤務できること。勤務日について相談可能。

事業日程

・ 8月11日(火)~8月14日(金)事前研修(部分参加可)
・ 10月25日(日)~10月28日(水)出航前研修
・ 10月28日(水)~11月6日(金)日本国内活動
・ 11月7日(土)~12月17日(木)運航(訪問国(順不同)ベトナム、フィリピン、インドネシア、マレーシア)
・ 12月18日(金)下船(解散)

【参考:「東南アジア青年の船」事業について】
令和2年度「東南アジア青年の船」事業(第47回)概要、日程、及び過去の事業報告書は以下URLをご覧ください。
令和2年度事業概要
令和2年度事業日程(案)

過去の事業報告書(和文)
過去の事業報告書(英文)

勤務内容

(1)(2)共通:
令和2年度「東南アジア青年の船」事業(第47回)において、管理部業務及び通訳等を行います。

(2)のみ:
プログラム・コーディネーターとして、本体プログラム準備から報告書作成、報告会運営までを行います。

待遇

(1)(2)共通:
乗船に当たって、(一財)青少年国際交流推進センターから、給与(乗船手当、陸上勤務時超過勤務手当等含む)、海外旅行保険、自宅から集合場所まで及び解散場所から自宅までの交通費(出発・帰着点は日本国内とする)、日本国内活動中の陸上交通費、必要経費等、が支払われます。
また、雇用保険に加入します(他で加入中の場合は除く)。

(2)のみ:
乗船以外の勤務時は、給与(規定に基づく時給による月額支給)、自宅と(一財)青少年国際交流推進センターの往復交通費(上限あり)、必要経費等が支払われます。
また、社会保険、雇用保険に加入します(他で加入中の場合は除く)。

応募について

・ 応募を希望される方は、2020年6月15日(月)必着で、顔写真を添付のうえ、経歴書をEメール又は郵送で以下の送付先まで送付してください。
・ 経歴書には、一般的な経歴とともに、応募動機、社会活動歴(国際交流活動及び青少年活動等の実績)、通訳経験(日本語・英語)、英語その他の語学の資格(取得日)、を必ず明記してください。
・ 書類選考後、必要に応じて面接(直接又は電話)を実施し、最終決定は7月中旬を予定しています。
・ 正式採用に当たり、健康診断書(2020年1月以降受診の内容)を提出していただきます。
・ 諸事情により、該当する事業が実施されない場合には、採用計画に変更が生じることを予めご了承ください。

送付先・問い合わせ先 (一財)青少年国際交流推進センター
「東南アジア青年の船」事業管理部員募集担当
Email: sseayp@centerye.org
〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-35-14 東京海苔会館6階