【募集中】第46回「東南アジア青年の船」事業ホストファミリー代表者のホームステイ受入れ家庭募集(10月25~27日)

   

 内閣府は、第46回「東南アジア青年の船」事業の実施にあたり、東南アジア訪問国において、長年、参加青年のホームステイを引き受けてくださっているホストファミリーの代表者を東京に招へいし、その実績に対し感謝の意を表明するとともに、各種プログラムに参加し本事業への理解を深めていただくプログラムを実施します。

 (一財)青少年国際交流推進センターでは、 第46回「東南アジア青年の船」事業における日本国内プログラムの実施支援をしており、本事業の一部として、ホストファミリー代表者のためのこのプログラムでは、2泊3日のホームステイを日本で体験していただくことを予定しています。

 つきましては、東京近郊でホームステイを引き受けてくださる御家庭を14家庭、募集します。

 ぜひ御興味のあるお知り合いなどにも御紹介ください。

【ホームステイ日程(案)】
令和元年10月25日(金)~10月27日(日)
・10月25日(金) 歓迎ランチレセプションの前にホームステイマッチング、歓迎ランチレセプション(都内ホテル)、ホームステイへ
・10月26日(土) 終日、家族とともに過ごす
・10月27日(日) お昼過ぎに都内ホテル集合、解散
 ※ホストファミリー代表者は、10月24日(木)に来日、10月28日(月)帰国予定です。

【ホストファミリーの条件】
・ 東京近郊に在住の御家庭
・ 1名又は2名の受入れが可能であること
 (御部屋の提供をお願いします。和室・洋室は問いません。)

【謝礼】
・ 受入れ1名につき10,000円(※交通費・食費に充てていただくための謝金)

【来日するホストファミリー代表者】
・ ブルネイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム(7か国×2名=14名)
・ 長年にわたり「東南アジア青年の船」事業の参加青年のホストファミリーとして受入れをしてくださっている方々

【申込み方法】
・ ホストファミリーとして御協力いただける方は、9月27日(金)正午までに、こちらのフォームに必要事項を記入ください。

 決定については、募集締め切り後、連絡いたします。
 また、応募者多数の場合はお断りすることや御希望に添えないことがありますので御了承ください。
 皆様の御協力をよろしくお願いします。

【問い合わせ先】
一般財団法人青少年国際交流推進センター
「東南アジア青年の船」事業 田島
sseayp@centerye.org
電話:03-3249-0767 FAX:03-3639-2436

 
************第46回「東南アジア青年の船」事業とは?****************
「東南アジア青年の船」事業は、日本と東南アジア各国の青年が、「東南アジア青年の船」に乗船し、生活を共にする中で、ディスカッション活動や各国事情の紹介を行うとともに、船内及び訪問国において各種交流活動を行うことにより、相互の友好と理解を促進し、青年の国際的視野を広げ、国際協調の精神のかん養と国際協力の実践力を向上させることにより、国際社会でリーダーシップを発揮できる青年を育成するとともに、青年による事業終了後の青少年健全育成活動等への寄与を目的として、日本とASEAN加盟 10 か国の政府が共同で実施する。
2019年度(第46回)事業では、日本及びASEAN加盟 10 か国の青年等が参加し、日本及び東南アジア数か国を訪問するとともに、船内において、多国間交流活動等を行うこととしている。
★2019年度「東南アジア青年の船」事業(第46回)概要はこちらをご覧ください。

 - 募集中の事業